患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

ごあいさつ

株式会社医療情報総合研究所(JMIRI)は2005年7月に東京大学関係者と技術者が中心となって処方情報を有効に活用する目的で設立されました。

2012年8月にはマーケティングリサーチ国内1位、世界9位*である株式会インテージホールディングスの100%子会社となり、インテージグループの一員として事業を拡大しています。
私たちは創業当初から処方情報を基にしたデータベースの構築を進め、収集した処方情報を自社で分析・調査することにより、付加価値の高い「JMIRI処方情報分析サービス」として製薬企業様や医療専門家の方々に継続的に提供してきました。

この仕組みによって医薬品情報の活用サイクル強化を進め、処方知見を共有することで医療サービスの質の向上に貢献するとともに、その先にいる医療消費者(患者)を中心に考えることのできる企業を目指しています。また、当社にとって一番大切なのは人材であり、働き方を多様化することでプロフェッショナルとしてスキルアップし、挑戦を楽しむカルチャーを作ることがお客様に最高のサービスを提供することに繋がると考えています。

今後はインテージグループ各社が提供しているサービスと当社のサービスを融合して、より価値の高い情報を提供することを目標に、全社一丸となって挑戦し続けてまいります。

*AMA調べ(グループ連結売上高ベース)

株式会社医療情報総合研究所
代表取締役社長 時田 悟

ページTOPへ

お問い合わせ